中小企業会計学会第8回大会のお知らせ

中小企業会計学会第8回大会が下記の通り開催されます。

※本年度の全国大会の開催はオンライン方式に変更となりました。

統 一 論 題アフターコロナ禍の中小企業会計
日   時令和2年10月4日(日)
開 催 校法政大学
会   場オンライン方式による開催

大会サイト
http://www.sakauelab.org/JaaSMEs2020/
準備委員長坂上 学(法政大学)
自 由 論 題下記よりご応募ください。
http://www.sakauelab.org/JaaSMEs2020/submit/
プログラム10:30-10:35 開会の辞
大会準備委員長:坂上 学(法政大学)

10:35-11:00 会長挨拶
中小企業会計学会会長:河﨑照行(甲南大学)

11:00-12:00 基調講演
基調講演
飯塚真規氏(TKC取締役社長)
「アフターコロナ禍の中小企業会計(仮題)」

12:00-13:00 休憩

13:00-15:00 統一論題報告
統一論題報告
「アフターコロナ禍の中小企業会計」

司会:高橋賢氏(横浜国立大学)

13:00-13:40 第1報告
宗田健一氏(鹿児島県立短期大学)
アフターコロナ禍における中小企業支援と税理士業務

13:40-14:20 第2報告
飛田努氏(福岡大学)
中小企業におけるマネジメント・コントロール・システムのリ・デザイン-経営危機下におけるトランスフォーメーション-

14:20-15:00 第3報告
吉川晃史氏(関西学院大学)
中小企業の日常管理と事業継続計画(BCP/BCM)の接続

15:00-15:30 自由論題報告(1)
田中保則氏(税理士・朝日税理士法人)
スタートアップにおける財務報告の目的

15:30-16:00 自由論題報告(2)
小川晃司氏(税理士・愛知工業大学大学院博士課程)
わが国の中小企業金融における課題と展望-書面添付制度を活用した決算書の信頼性の確保-

16:00-16:30 自由論題報告(3)
星野有理子氏(近畿大学大学院博士課程)
会計参与制度導入が中小企業向け会計基準に及ぼした影響

16:30-17:30 統一論題討論
統一論題討論
「アフターコロナ禍の中小企業会計」

座 長:高橋賢氏(横浜国立大学)
討論者:宗田健一氏(鹿児島県立短期大学)・飛田努氏(福岡大学)・吉川晃史氏(関西学院大学)

17:30 閉会の辞
大会準備委員長:坂上 学(法政大学)

プログラム・ページからのリンク先のコンテンツにつきましては、パスワードでアクセス制限する予定です。パスワードは、後日会員の皆様に周知いたします。なお、周知方法は今のところ未定ですが、プログラム確定後に郵送される『大会プログラム』の中に記載する予定です。

※ 詳細が決まり次第随時更新致します。