中小企業会計学会第9回全国大会が盛会の内に終了致しました。

本日9月19日(日)、中小企業会計学会第9回全国大会がオンライン開催形式により盛会の内に終了致しました。

大会実行委員会、学会員の皆様、その他当日参加の皆様のおかげによるものです。

基調講演、統一論題報告、自由論題報告、課題研究委員会報告の各資料はこの後も一定期間、ダウンロードページ(https://www.jaasme.org/news/2248/)で掲載する予定です(第9回全国大会参加登録者のみ閲覧可能)。

また、第9回全国大会の開催に伴い、学会ホームページの下記コンテンツを更新致しました。

「学会の概要」メニュー
役員名簿
「学会会則・入会」メニュー
学会会則
役員選考規則
「学会誌・委員会」メニュー
課題研究委員会

尚、次年度の第10回全国大会の開催会場及び形式については、今後の新型コロナウイルス感染拡大状況をにらみつつ理事会で決定の予定です。
詳細が決定次第、ホームページで告知致します。

中小企業会計学会第9回全国大会について(報告資料のダウンロード)

中小企業会計学会第9回全国大会を令和3年9月17日(土)~19日(日)に開催致します。
大会時の各種報告資料は下記よりダウンロードが可能です。

尚、閲覧にはパスワードがかけられており、大会参加登録した方へは準備委員会よりメールで通知しております。
参加登録したにも関わらず、パスワードが不明な場合は大会準備委員会(JAAforSMEs9@gmail.com)までお問い合わせ下さい。

 

9月18日(土)
13:00~13:45 会員総会 総会資料

14:00~15:00 基調講演
司 会:坂本孝司氏(愛知工業大学)
講演者:飯田健太氏(中小企業庁事業環境部長)
「最新の中小企業政策」 略歴 報告資料

15:30~17:10 統一論題報告
「幸せのための中小企業会計」
司 会:工藤栄一郎氏(西南学院大学)
報告1:和田博志氏(近畿大学)
「幸せのための分配志向的損益計算」 報告資料
報告2:水野一郎氏(関西大学)
「中小企業管理会計と分配の多様性」 報告資料
報告3:大山修氏(公認会計士)
「中小企業の事業承継型M&A、その期待される効果と課題について」 報告資料

9月19日(日)
10:00~11:40 自由論題報告
第一会場
司 会:坂上学氏(法政大学)
報告1:星野有理子氏(近畿大学大学院博士後期課程)
「現行会社法における中小会社会計の目的の変化-中小会社の期間設計との関連で-」 報告資料
報告2:高砂昭宏氏(税理士)
「ブロックチェーン技術を用いた会計帳簿の正規の簿記の発展性」 報告資料① 報告資料②
報告3:菅原智氏(関西学院大学) 加納慶太氏(県立広島大学)
「日本の中小企業におけるクラウド会計導入に関する意識調査」 報告資料

第二会場
司 会:飯島康道氏(愛知学院大学)
報告1:牧野功樹氏(釧路短期大学)
「中小企業における設備投資マネジメント・プロセス-非財務指標および財務業績に与える影響に関する経験的検証-」 報告資料
報告2:櫛部幸子氏(鹿児島国際大学) 宗田健一氏(鹿児島県立短期大学)
「新型コロナ支援融資を受けた中小企業のデフォルトリスクに関する一考察-阪神・淡路大震災とコロナ禍における信用保証協会の対応を中心に-」 報告資料
報告3:宮下仁志氏
「中小企業監査制度の再考察-会計調査人制度の研究を中心として-」 報告資料

13:00~14:25 課題研究委員会報告 
司 会:浦崎直浩氏(近畿大学)
報告1:委員長 平賀正剛氏(愛知学院大学)
「日本の中小企業会計の基礎概念に関する研究-文化的視座からのアプローチ-」(中間報告) 報告資料
報告2:委員長 成川正晃氏(東京経済大学)
「中小企業事業承継における課題と展望-中小企業会計の視点から-」(最終報告) 報告資料

14:40~16:10 統一論題討論

 

詳細は下記をご参照ください。

大会プログラム
報告要旨集

中小企業会計学会第9回全国大会準備委員会 準備委員長 平賀 正剛
事務局:〒462-8739 愛知県名古屋市北区名城3-1-1 愛知学院大学経営学部平賀研究室

中小企業会計学会第9回全国大会 開催形式変更のお知らせ

会員の皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

準備委員会では対面開催に向け準備を進めて参りましたが、愛知県下の緊急事態宣言発令に伴い、対面での開催が困難となりました。
つきましては、Zoomを用いたオンライン形式にて本大会を開催致します。

・大会プログラムに変更はありません。

・本大会Zoomミーティングにはプログラムに同封致しました「開催形式変更の可能性」に記載のURLまたはID・パスコードを用いてご参加下さい。
メールで参加申し込みをいただいた方には、メールでもURLおよびID・パスコードをお送り致します。

・本大会Zoomミーティングに入られる際には表示されるお名前を漢字・かな・カナにしていただくとともに、ご所属を併記下さい。

例:会計一郎(●●大学)
  中小太郎(税理士)

・本大会Zoomミーティングへの入退室情報等につきましては、認定研修(CPE)のために利用致します。
ご了承下さいますようお願い申し上げます。

以上、よろしくお願い申し上げます。

中小企業会計学会第9回大会
準備委員長 平賀 正剛(愛知学院大学)
事務局:〒462-8739 愛知県名古屋市北区名城3-1-1 愛知学院大学経営学部平賀研究室
E-Mail:hiraga@dpc.agu.ac.jp

 

9月17日(金)
15:30~17:30 理事会

9月18日(土)
12:00~17:00 参加者受付
13:00~13:45 会員総会
14:00~15:00 基調講演
15:30~17:10 統一論題報告
17:30~18:30 懇親イベント(中止となりました)

9月19日(日)
10:00~11:40 自由論題報告
13:00~14:25 課題研究委員会報告 
14:40~16:10 統一論題討論

東海税理士会認定研修
東海3第399号 基調講演 研修会コード:0921107100010010900
東海3第400号 統一論題報告 研修会コード:0921107100020010900
東海3第401号 統一論題討論 研修会コード:0921107100030010900

名古屋税理士会認定研修
基調講演 研修会コード:0821079500010010800
統一論題報告 研修会コード:0821079500020010800
統一論題討論 研修会コード:0821079500030010800

日本公認会計士協会CPE研修
※研修コード等詳細の連絡があり次第、掲載致します。

 

下記を併せてご参照ください。

大会プログラム

中小企業会計学会第9回全国大会について(大会プログラム確定)

中小企業会計学会第9回全国大会を令和3年9月17日(土)~19日(日)に開催致します。
大会プログラムが下記の通り確定致しましたのでお知らせ致します。

尚、現時点では、愛知学院大学名城公園キャンパスにて、対面での実施を予定しております。

 

9月17日(金)
15:30~17:30 理事会

9月18日(土)
12:00~17:00 参加者受付
13:00~13:45 会員総会
14:00~15:00 基調講演
15:30~17:10 統一論題報告
17:30~18:30 懇親イベント

9月19日(日)
10:00~11:40 自由論題報告
13:00~14:25 課題研究委員会報告 
14:40~16:10 統一論題討論

東海税理士会認定研修
東海3第399号 基調講演 研修会コード:0921107100010010900
東海3第400号 統一論題報告 研修会コード:0921107100020010900
東海3第401号 統一論題討論 研修会コード:0921107100030010900

名古屋税理士会認定研修
基調講演 研修会コード:0821079500010010800
統一論題報告 研修会コード:0821079500020010800
統一論題討論 研修会コード:0821079500030010800

 

詳細は下記をご参照ください。

大会プログラム
本大会での感染予防策につきまして

中小企業会計学会第9回全国大会準備委員会 準備委員長 平賀 正剛
事務局:〒462-8739 愛知県名古屋市北区名城3-1-1 愛知学院大学経営学部平賀研究室

中小企業会計学会第9回全国大会自由論題報告募集について

中小企業会計学会第9回全国大会を本年9月18日(土)~19日(日)に開催いたします。
現時点では、愛知学院大学名城公園キャンパスにて対面での実施を予定しております。

つきましては9月19日(日)午前中に開催予定の自由論題報告者を募集いたします。

ご報告を希望される会員は7月9日(金)(必着)までにEメールにて下記の事項を明記の上お申し込み下さいますようお願い申し上げます。

1. Eメールの件名:自由論題応募(応募者氏名)
2. 氏名、所属、職位、住所、電話番号およびメールアドレス
3. 報告論題
4. 報告要旨:Wordファイル、A4/40字×36行の標準様式にて1枚以内
応募先:hiraga@dpc.agu.ac.jp
(愛知学院大学 経営学部 平賀研究室)

なお、今後の状況次第では、プログラムの一部をオンラインで実施する可能性もございます。
また、プログラム・会場等の都合により、ご希望に沿えない場合もありますので、予めご了承ください。
締切り後速やかに報告の可否についてご返事申し上げます。

中小企業会計学会第9回全国大会準備委員会 準備委員長 平賀 正剛
事務局:〒462-8739 愛知県名古屋市北区名城3-1-1 愛知学院大学経営学部平賀研究室

中小企業会計学会第9回全国大会について(開催日決定)

中小企業会計学会第9回全国大会の開催につき、大会準備校より開催日程決定の連絡がありました。

 

会 場 校 :愛知学院大学

準備委員長 :平賀正剛氏(愛知学院大学)

開 催 日 :理事会  令和3年9月17日(金)
       全国大会 令和3年9月18日(土)~19日(日)

開 催 方 式:対面形式で検討中

自 由 論 題:募集を検討中

 

その他、詳細が決まり次第順次お知らせ致します。

中小企業会計学会第9回全国大会について

12月17日開催の持ち回り理事会において、中小企業会計学会第9回全国大会の開催を下記の通り決議致しました。

 

会 場 校 :愛知学院大学

準備委員長 :平賀正剛氏(愛知学院大学)

開 催 日 :未定

開 催 方 式:未定

自 由 論 題:募集の方向で検討

 

その他、詳細が決まり次第順次お知らせ致します。

中小企業会計学会第8回全国大会が盛会の内に終了致しました。

昨日10月4日(日)、中小企業会計学会第8回全国大会がオンライン開催形式により開催致しました。

大会実行委員会(委員長:坂上学法政大学教授)からの報告によると、参加登録者数192名、実参加者数149名のご参加という盛会の内に終了致しました。
大会実行委員会を始め、学会員の皆様、その他当日参加の皆様のおかげによるものです。

基調講演、統一論題報告、自由論題報告のオンデマンド映像はこの後も一定期間、第8回全国大会サイト(http://www.sakauelab.org/JaaSMEs2020/)で公開致しております。
また、当日の統一論題討論の模様も、今後上記大会サイトで公開予定です。

尚、次年度の第9回全国大会の開催会場及び形式については、今後の新型コロナウイルス感染拡大状況をにらみつつ理事会で決定の予定です。
詳細が決定次第、ホームページで告知致します。

中小企業会計学会第8回全国大会オンライン開催について(日程決定)

中小企業会計学会第8回全国大会はオンライン開催について、開催日程が10月4日(日)に決定致しました。

現時点で予定しているプログラムは下記の通りです。

詳細が決定次第、順次ホームページで掲載すると共に、大会準備委員会からもご通知致します。

 

中小企業会計学会第8回全国大会(オンライン開催)
開催日      :令和2年10月4日(日)
プログラム(予定):
1.開会の辞
2.会長挨拶
3.基調講演
4.統一論題報告
5.自由論題報告
6.統一論題討論
7.閉会の辞

「中小企業会計学会 第7回全国大会 」のお知らせ

令和元年8月18日(日)~20日(火)に、中小企業会計学会第7回大会を広島文化学園大学と県立広島大学の共催により、広島県民文化センター(1階ホールおよび5階サテライトキャンパスひろしま)で開催いたします。

ご挨拶

本年5月に「令和」が始まり、中小企業会計研究においても現状認識のもと研究をさらに深化、発展させる、新たなステージが始まるチャンスとなります。
本大会は、統一論題を「中小企業会計の現状と課題」と設定し、司会者に椛田龍三氏(専修大学)、報告者の中島洋行氏(明星大学)、成川正晃氏(東北工業大学)、猪原清氏(税理士)から中小企業の今日的課題である「中小企業の事業承継」について、会計学的見地からご報告いただきます。
また、基調講演として金融庁参与・日本動産鑑定会長 森俊彦氏を招聘し、坂本孝司氏(愛知工業大学)を司会に、基調講演「顧客本位の地域金融~持続可能なビジネスモデルの構築に向けて~」を行っていただくことなりました。
第7回大会における研究成果が、今後の中小企業会計の発展に寄与するところがあれば幸甚に存じます。
ご多用とは存じますが、準備委員一同、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

中小企業会計学会第7回大会準備委員会
顧問   神森 智
委員長  松尾 俊彦
副委員長 足立 洋
委員   新野 正晶
岡部 勝成
堂野崎 融
安部 知格
倉本 雅弘

中小企業会計学会 第7回全国大会  概要

1日目(8月19日(月))
12時00分~17時00分
参加者受付(広島県民文化センター1階 ホール前)

13時00分~13時45分
会員総会(広島県民文化センター1階 ホール)

14時00分~15時30分
基調講演(広島県民文化センター1階 ホール)
司 会 坂本 孝司 氏(愛知工業大学・税理士)
報告者 森 俊彦 氏(金融庁参与・日本動産鑑定会長) 「顧客本位の地域金融~持続可能なビジネスモデルの構築に向けて~」

15時50分~17時30分
統一論題報告(広島県民文化センター1階 ホール)
「中小企業会計の現状と課題-中小企業の事業承継について-」

 司 会 椛田 龍三 氏(専修大学)
 (1)中島 洋行 氏(明星大学)「会計学アプローチから」
     
 (2)成川 正晃 氏(東北工業大学)「教育的アプローチから」
     
 (3)猪原 清 氏(税理士)「地域の実情と実務家の役割から」
     

17時50分~20時00分
懇親会(メルパルク広島6階 瑞雲)

2日目(8月20日(火))
9時30分~11時40分
自由論題報告

第一会場(サテライトキャンパスひろしま501室)
9時30分~10時30分
司 会 宗田 健一 氏(鹿児島県立短期大学)
(1)足立 洋 氏(県立広島大学)・篠原 巨司馬 氏(福岡大学)「日本の中小企業における役割の曖昧性と業績評価―現場サポートにおける管理会計実践の事例から―」

(2)菅原 智 氏(関西学院大学)「マトリクス会計を活用したビジネス・ゲームに よる会計教育の効果:中小企業における事例」
   
休憩(10時30分~10時40分)

10時40分~11時10分
(3)飛田 努 氏(福岡大学)「内発的動機づけを高めるマネジメント・コントロール・システムの利用:中小製造業に勤務する従業員の視点からの考察」

第二会場(サテライトキャンパスひろしま504室)
9時30分~10時30分
司 会 櫛部 幸子 氏(鹿児島国際大学)
(1)大木 一也 氏(九州産業大学 大学院生)・金川 一夫 氏(九州産業大学)「小規模農業者の農業会計における『収穫基準』適用について ―企業会計原則・所得税法およびIAS41の比較検討―」

(2)橋上 徹 氏(県立広島大学・公認会計士)「中小会社に対する「結合財務諸表」導入の可能性について」
   
休憩(10時30分~10時40分)

10時40分~11時40分
司 会 岡部 勝成 氏(岡山理科大学)
(3)小川 晃司 氏(税理士・愛知工業大学 大学院生)「書面添付制度に関する一考察 ―税理士による税務に関する保証業務―」

(4)松﨑 堅太朗 氏(税理士・公認会計士)「中小企業金融における書面添付制度活用の現状と課題 ~米国中小企業向けSBAローンにおける税務申告書活用の実務を題材として~」

13時00分~14時25分
課題研究委員会報告(サテライトキャンパスひろしま501室)
司 会 佐藤 信彦 氏(熊本学園大学)
・中間報告(13時00分~13時30分)
委員長 成川 正晃 氏(東北工業大学)「中小企業事業承継における課題と展望―中小企業会計の視点から―」
・最終報告(13時40分~14時25分)
委員長 堀江 正之 氏(日本大学)「IT社会と中小企業会計」

14時40分~16時10分
統一論題討論
「中小企業会計の現状と課題」(サテライトキャンパスひろしま501室)
司 会 椛田 龍三 氏(専修大学)
討論者 中島 洋行 氏、成川 正晃 氏、猪原 清 氏

※ 送付した大会プログラムには参加費等の払込用紙が同封されておりません。大会費等の振込み手続きに関してのご不明点は、お手数ですがお取引先の郵便局または金融機関にご確認下さい。

≫大会プログラム・案内状のダウンロード

参加費

Ⅰ 大会参加費 会員 3,000円 非会員 5,000円
Ⅱ 懇親会費  6,000円

大会期間中は、昼食のお弁当のご準備はいたしません。近隣のレストラン等をご利用ください。

≫申し込み方法はこちら

税理士認定研修

中国税理士会に所属する税理士の方は、基調講演、統一論題報告、統一論題討論が研修時間に認定されます。
事前の手続きは不要です。当日、受付にて所定の手続きをお済ませください。

「中小企業会計学会 第6回全国大会 」のお知らせ

中小企業会計学会 第6回全国大会  概要

統一議題:中小企業会計と税務
日時:平成30年9月1日(土)・9月2日(日)

会場:東洋大学経営学部 金子友裕研究室
〒112-8606 東京都文京区城山5-28-20

平成 30 年9 月 1 日(土)・2日(日)に中小 企業会計学会第 6 回全国大会を東洋大学において開催するこ とになりました。中小企業会計については、税務の影響は無視できない程大きなものと思います。

そこで、本研究大会で は統一論題を「中小企業会計と税務」と設定し、成道秀雄氏(成蹊大学)を司会に、藤井誠氏(日本大学)・山本清尊氏(兵庫県立大学)・依田俊伸氏(東洋大学)に報告を頂くことになりました。また、統一論題討論では、これらの先生方にコメ ンテーターとして弥永真生氏(筑波大学)を加え、議論を行 って頂きます。

また、本研究大会では、Prof. Dr. Klaus Henselmannを招 聘し、坂本孝司氏(税理士)を司会に、基調講演「ドイツにおける中小企業会計制度の現状と今後の展望」を行って頂く ことになりました。なお、この基調講演は、ドイツ語による報告になりますが、同時通訳を行う予定になっております。

第 6 回全国大会における研究成果が、中小企業会計の発展に寄与するところがあれば幸甚に存じます。
ご多用とは存じますが、準備委員一同、皆様のご来校を心 よりお待ち申し上げます。

第6回 大会プログラム・案内状のダウンロード

参加費

① 会 員 3,000円 非会員 5,000円
② 懇親会 5,000円

公認会計士の参加者へのご案内

日本公認会計士協会会員の方は、基調講演(3単位、コード4101)、統一論題報告(2単位、コード2104)、統一論題討論(2単位、コード4101)がCPEの単位に認定されています。
事前の手続きは不要ですので、 当日、受付にて所定の手続きをお済ませ下さい。

税理士の参加者へのご案内

東京税理士会、東京地方税理士会、千葉県税理士会に所属する税理士の方は、基調講演(3時間)、統一論題報告(1時間30分)、統一論題討論(2時間)が研修時間に認定されています。
事前の手続きは不要ですので、 当日、受付にて所定の手続きをお済ませ下さい。

申し込み方法について

「中小企業会計学会 第5回全国大会 」のお知らせ

中小企業会計学会 第5回全国大会 概要

統一議題:中小企業の監査
日時:平成29年9月6日(水)理事会・9月7日(木)大会

会場:熊本学園大学 専門職大学院専門職研究科
〒862-8680 熊本県熊本市中央区大江2-5-1

このたび熊本学園大学において、中小企業会計学会 第5回全国大会を開催することとなりました。

現在、日本の中小企業会計にとって最大の課題である「中小企業会計の適正化」において最も重要な論点の1つが、中小企業の会計情報の信頼性の確保です。そこで、本大会では、「中小企業の監査」を統一論題としてその在り方について議論することといたしました。

また、討論をより活発にするために、この領域における権威者である神森智先生(松山大学名誉教授)に「中小企業の会計と監査」と題するご講演をお願いいたしました。

第5回 大会プログラム・案内状のダウンロード

参加費

① 会 員 2,000円 非会員 5,000円
② 懇親会 5,000円

公認会計士の参加者へのご案内

日本公認会計士協会会員の方は、CPEの単位が認定されますので、当日に会場前受付にて所定の手続をお済ませください。
詳細を知りたい方は、準備委員会まで E-mail でお問い合せください。
認定単位数:全部で6単位

税理士の参加者へのご案内

九州北部税理士会と南九州税理士会に所属の税理士の方は、研修時間が認定されますので、当日、会場前受付にて所定の手続をお済ませください。
詳細を知りたい方は、準備委員会まで E-mail でお問い合わせください。
認定時間数:全部で6.5時間

申し込み方法について